« 2010年2月28日 ラストラン のぞみ29号 500系新幹線 | トップページ | 2010年3月1日 朝日新聞横浜版 500系新幹線記事 »

2010年2月28日 (日曜日)

津波って、、どのように測定しているんでしょう・・・・・

チリの大地震で、、終日津波のニュースが多く。。。

日本でも、、津波に関する注意報・警報が発令されていますが、、、絶えず潮位が変化している状態で津波の到達はどのように測定するのかぁ~。。。。。think

01

ちょっと、調べてみました。。

いろいろ調べてみると、、、いや~、難しい。。。

理解した内容を簡単に記載すると・・・・・

波:絶えず打ち寄せる波の高低差を測定した値。。。
  ※平均化された海面からの差ではない。。
津波・高潮: 海面からどの程度上昇したのかを測定した値。。

と、、測定する数値が異なっているようです。。

「6mの波」というと、、「12mの津波」に相当する高さになるのですね。。

で、、津波は振幅が長いので、測定している地点では徐々に水位が上昇していくということになります。。

その高さを計測しているということで、潮位がどの程度上昇したかを測定することで、津波の高さを測定することができるということですね。。

もう少し、、ちゃんと調べてみます。。catface

bullettrain

|

« 2010年2月28日 ラストラン のぞみ29号 500系新幹線 | トップページ | 2010年3月1日 朝日新聞横浜版 500系新幹線記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525392/47688381

この記事へのトラックバック一覧です: 津波って、、どのように測定しているんでしょう・・・・・:

« 2010年2月28日 ラストラン のぞみ29号 500系新幹線 | トップページ | 2010年3月1日 朝日新聞横浜版 500系新幹線記事 »