« 二子玉川行き | トップページ | Shibuya Hikarie号 55K 4110F 2015/01/11 »

2015年1月11日 (日曜日)

【LED行先表示 撮影に関して】

ご質問が多いので、ネタとして・・・・delicious

最近、鉄道の行先表示器が「幕」から「LED」に移行されています。

幕車の場合には気にすることがないのですが、LEDとなると少々考えて撮影しないとダメですね。。

LEDで表示されている行先や種別の文字列は常時表示されているのではなく、ある一定間隔で点灯・消灯を繰り返し点滅をさせています。

基本的には上から下へ点灯・消灯を繰り返しています。常時点灯させておけば良いのですが、消費電力低減や寿命延命のために実施しています。

どうして人間の眼では一つの映像・文字に見られるのかと言うと、残像効果・現象によって同一に見らます。人間に眼では0.05~0.1Secより早い点滅は認識できず点灯しているように見えます。

そのため、LED表示器ではそれ以上早い点滅で表示していることになります。

※ 実際、テレビでも同様なことが行われていますね。。

実際の列車でシャッタースピードを変化させ撮影してみると・・・・・

1/20Sec
1/20Sec

1/25Sec
1/25Sec

1/30Sec
1/30Sec

1/40Sec
1/40Sec

1/50Sec
1/50Sec

1/60Sec
1/60Sec

1/80Sec
1/80Sec

1/100Sec
1/100Sec

1/125Sec
1/125Sec

1/160Sec
1/160Sec

1/200Sec
1/200Sec

1/250Sec
1/250Sec

1/320Sec
1/320Sec

1/400Sec
1/400Sec

1/500Sec
1/500Sec

1/640Sec
1/640Sec

1/800Sec
1/800Sec

東急2000系で使用されているLED表示器では、運用番号が1/200Secあたりから表示が乱れ始め、1/250Secではシマシマ表示になってしまいます。さらに、1/320Secあたりから種別と行先が乱れ始め1/640Secでは完全にシマシマ表示になります。おそらく、使用されているLED表示器は同じモノと思われますので、色の発色で周波数が異なって見えるのかもしれません。。。

もう一形式で。。

1/40Sec
1/40Sec

1/50Sec
1/50Sec

1/60Sec
1/60Sec

1/80Sec
1/80Sec

1/100Sec
1/100Sec

1/125Sec
1/125Sec

1/160Sec
1/160Sec

1/200Sec
1/200Sec

1/250Sec
1/250Sec

1/320Sec
1/320Sec

1/400Sec
1/400Sec

1/500Sec
1/500Sec

1/640Sec
1/640Sec

1/800Sec
1/800Sec

1/1000Sec
1/1000Sec

1/1250Sec
1/1250Sec

東急5000系では1/100secでも列車番号がシマシマになってしまいますし、東武30000系は1/80Secでもシマシマ表示になってしまいます。。

静止写真であればシャッタースピードを低く抑えることができますが、走行写真となるとなかなか難しいですね。。catface

撮影の参考にしてみてください。

☆撮影した写真をそのまま640*427piexlへリサイズしています。

bullettrain

|

« 二子玉川行き | トップページ | Shibuya Hikarie号 55K 4110F 2015/01/11 »

#鉄道:東急」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525392/60964990

この記事へのトラックバック一覧です: 【LED行先表示 撮影に関して】:

« 二子玉川行き | トップページ | Shibuya Hikarie号 55K 4110F 2015/01/11 »